節約アイデア

みなさん、色々な節約に取り組まれています。無理しないで節約していきたいですね!

電気代の節約

全国どこの地域でも、電気代も値上がりしていることですし、やはり『電気代の節約』は、今主婦がもっとも興味のあることでしょう。いや、世の主婦だけではなくて、独身一人暮らしの方でも、電気代の節約は気になっていることでしょう。

それでは電気代の節約は、具体的にどう行えばいいのでしょうか。それは、実はとっても簡単なことなのです。ちょっとした心がけで、電気代はずいぶんと節約が可能なのです。たとえば、待機消費電力です。

待機電力』とは、電化製品のコンセントがささったままで、消費する電力のことです。実は、コンセントをさしているだけで、そこそこの電力は使っているのです。一説には、待機電力は、毎月の電気代の約1割とも!ですからここは、可能な限りカットカットです。

方法はとても簡単なのです。スイッチ付の省エネタップに電化製品のコンセントをさして、そして使っていないときにスイッチを切っておくだけでいいのですから。これだけでも、なかなかの電気代の節約になるのです。

白熱灯

平成26年3月のことです。消費税が5%から8%に上がるということで、今のうちに買っておける物は買っておこう・・・という話になりました。そこで購入したのがLED電球でした。明るくなり、電気代も節約できる。確かに品物は高いですが、であるなら買うべきは今ということで、たくさん買って、どんどん付け替えていきました。

電気代については、母が管理しているので詳しくは分かりません。しかし、家中にあるあらゆる電球を替えていったので、間違いなく節約は出来ていると思います。電気の感じも、白熱灯とは違う明るさがあります。自分たちはえらく暗い世界の中で生活していたのだな・・・と思わされました。

ただ、9か月ほど経った今、多少白熱灯の明るさが恋しくなっているのも事実です。特に私は写真が趣味なので、光に興味があります。LEDもキレイですが、白熱灯が持つ独特の明るさも好きです。電気代が違ってくるとは言え、白熱灯そのものがなくなってしまうのは寂しい気がします。9か月前なので、交換した白熱灯はもうありません。今度お店に行ったら、少し買っておこうかな・・・と思いました。

年々上がる電気代

電気代は、年々値上がりする傾向にあります。原子力発電所がストップすることによって、他の重油や天然ガスなどの燃料購入が増えたり、太陽光発電などの代替エネルギー発電買取による費用も、電気代に上乗せされています。

電力自由化で新しい電力会社が出来てはいますが、価格競争で価格が下がるところまでに行っていません。今現在の技術や環境では、電気代が下がっていく見込みは考えられません。

太陽光発電パネルを設置して電気代をカバーすることが、初期投資はかかりますが、節電の効果は高いです。しかし、今後は買い取り価格が安くなることはあっても、高くなることはないでしょう。太陽光発電を電気代節約の当てにするのは難しくなってくるかもしれません。

そうなると、電気代を節約するには使う量を減らす、同じ使うにしても夜間など安い時に使う、という工夫くらいしかありません。我が家でも数年前から、太陽光発電とエコキュートにして夜間にお湯を沸かすようにし、洗濯や炊飯もタイマーで夜間に動かしています

電灯も電球型蛍光灯や、LEDランプに替えたりしています。その他にはあまり方法が思いあたりませんが、子供たちが電気代節約の意識を、持ってくれることがうれしいです。

温暖化防止

電気代の節約は、環境のためにもなりますので積極的に行いたいです。電気代を節約しない人は、我慢が出来ない人や、環境を考えない人が多いようです。

自分一人が電気代を節約しても、どうせ環境には大した貢献にならないし、微々たる金額しか浮かないし、と電気代の節約による効果をあまり期待していない人も多いです。電気代を節約すると、意外にも高額が浮く事がありますし、一人ひとりが取り組む事で多大な環境保護となります。

電気代を節約する方法として、小まめにコンセントを抜く、利用をしない家電の電源は切る、電気ヒーターを利用している場合は、厚着をする、温かい物を飲む、と温度調節をした上でヒーターを利用する、など。特に冬は電気ヒーターなど、季節のために多額の電気代が掛かりがちです。

特に寒くも無いのに、なんとなく惰性で暖房をつけているなど無駄遣いや、薄着をしてアイスを食べながらもヒーターにあたっていたり・・・orz けっこう、矛盾が起こっている事もありますので、今一度見直してみましょう。

使わないときは消す

誰だって、電気にかかる費用は極力抑えたいものです。この費用を抑えることができれば、他のことにお金を回すことができます。また、一人ひとりが電気代を節約することは、地球資源の枯渇の遅延に繋がります。大きな視野で見れば、地球全体のためになることなのです。

電気代を節約することは、難しいことでもなければ苦痛を伴うことでもありません。普段の生活の中で、電気に対してちょっとだけ、意識を向けてやればいいのです。

部屋の明かりであれば、人がいない時には消す、これは当然誰もが行うべきことです。玄関の明かりくらいは人がいなくても点けておきたい、という人も中にはいるかもしれません。でも、これだって電気の無駄遣いであることの、なんら変わりありません。来客者を気遣う必要はありません。来客者自らが、懐中電灯を常に持参するようにすればいいだけです。

電気代を節約することを、面倒に感じたりしてはいけません。地球に住んでいる人全ての責務なのです。このことを世界共通の常識として、広めていく必要があるのです。

2016/09/07