皆様から寄せられた声

みなさん、色々な節約に取り組まれています。無理しないで節約していきたいですね!

小銭を強制貯金

たいていは一ヶ月トータルして、「今月は上手に節約できて、いくらいくらの黒字」などと家計の計算をした上で、節約できたお金を貯金に回したりするかと思うのですが、わが家の場合はそれではあまり貯金が貯まらないので、今はもう 小銭を強制貯金 にしています。

たとえば、スーパーなどのお買い物で、その買い物では割引品などを購入して、300円ほど節約できたとします。その際はもう、貯金箱に300円を入れてしまうのです。また、遊興費に関しても、映画のチケットを割り引き価格にて、500円お安くゲットできたとします。その際もまた、500円を貯金箱に入れてしまうのです。

そうすることで、実際に「現金」として、貯金箱にたまっていくわけですから、目に見えた節約ともなりますし、財布に余剰なお金がない ことによって、日頃の使い過ぎのセーブになるわけです。
要するに、毎日の節約貯金なのです。

これがひと月のトータルで考える場合ですと、財布の中にそのまま余剰分があるわけですから、「まだこれだけあるから大丈夫」と、心がゆるんでしまって、買い過ぎへと繋がりますからね。ですから強制的に貯金箱に貯金するのです。結果、この強制貯金により、月末になりますと小銭を銀行にもっていって、結果、数万円の貯金とすることに成功しています。

節約レシピ

我が家の節約術は、その日の食事を安いもので作るということです。卵が安ければ卵を使ったもの、安いものが複数あればそれらで作る・・・という感じです。つまり、作りたいものを決めてから買い物に行くのではなく、最初から安いものを求めて買い物をするのです。

もちろん安いものだけではどうしようもない・・・こともありますが、そう心がけることによって使うお金の額が全く違うのです。買ったものだけでどうにもならないときは、余りものなんかも使います。あるものでどう料理するかというのも、腕の試しどころです。

さすがに誕生日の日の食事は食べたいものにしますが、基本的には買ったもので決める・・・という感じですね。食べたいものを買うと、高いものでも買ってしまう恐れがあるので、そういうものは安いときに買って食べたいときに食べます。これで食費は、かなり節約できると思います。

あるもので料理を考えるというのは、なかなか大変ですが、段々癖になっていくのでお勧めです。

電気代を減らすための工夫

我が家では、電気代の節約という部分で工夫をしています。こまめに電気を切るようにして、家電製品のコンセントはなるべく外した状態にしておきます。待機電力というのも、大きなウエイトを占める部分です。それを減らすことをしていけば、節約が出来るのではないかと考えています。

最低限のコンセントだけを指すようにして、後のものは外しておきます。利用する時にはコンセントを入れるようにするという形を取り、できる限り使う時間を減らす工夫もしています。エアコンなどのように、高い電気代の要因となっている物はなるべく利用せず、今でも灯油ストーブなどを利用して、暖を取るようにしています。

夏は、扇風機を稼働させていることが多いです。電気代はちょっとでも減らしておけば、大きな影響が出てくる部分です。そのためには利用する時間帯だけにして、後の時間帯は完全に使わないことを徹底します。これだけで、2,000円前後の節約が出来るようになり、年単位だと大きく節約効果が得られています。

電気代の節約

毎月の光熱費って、結構かかりますよね。私は毎日自宅にいる時間がとても長いので、光熱費が高くなるのが悩みでした。そこで光熱費を節約するために、やっている事があります。それは極力電気をつけないで、生活をする事です。

玄関、お風呂場、台所などは電気をつけたら消すのを忘れてしまう事って多いですですよね。
なので私は100円ショップで買ってきた懐中電灯を、使用しています。懐中電灯のお尻のところに紐を付けて玄関、お風呂場、洗面所、台所に上からぶら下げれば結構明るいですよ。

見た目が気になるのであれば懐中電灯に、キラキラ光るスワロフスキーストーンや、アクリルストーンを接着剤で貼り付けてデコレイトすれば、とても綺麗でテンションが上がります。私はこの方法で、毎月の電気代が少し節約できています。大きな節約方法ではないかもしれませんが、塵も積もれば山となるです。1年後、10年後に大きな差が出ると思います。

我が家の節約術

私は5人家族ですが、最近は景気も悪く、昔ほどの生活も出来なくなってしまいました。そんな私がやっている節約術を紹介します。買い物ですが、どの商品がどの値段かをメモして、3つほどスーパーを回って安いものだけ買います。

出費といえば光熱費がけっこう大きいですよね。うちの家は暖房は使わず、全部ストーブにしています。また窓に断熱シートを貼ったり、風呂に入るときは出来るだけ続けて入ってガス代を使わないように調整しています。

あと洗濯には風呂の水を使いますし、トイレの便利な機能も無駄なので使わないように徹底しています。またライトも一定時間使ったら切れるタイプで切り忘れがないようにしますし、もちろん電球は全部LEDにしています。

またうちは家族が多いので、自分で出来ることは自分ですることで出費を抑えています。例えば、スタッドレスタイヤの交換などは、自分で3台まとめてやっちゃいます。専門工具が必要ですが、その度に店に頼むよりは安く上がります。

また、家のペンキ塗りなんかも、子供にさせたほうが勉強にもなるし、ちょっとお小遣い上げても安く上がるのでそうしています。苦しい生活ですが、少しずつ節約することでちょっとでも贅沢が出来ればと思っています。

めりはりのある節約

以前は、常に節約を心がけていたので、だんだんストレスに感じてしまい、その発散で、買い物をしてしまったりと、節約しても違う部分で出費となり、貯蓄に回せる事はありませんでした。しかし、今は以前に比べてストレスもなく、少しずつですが、貯蓄が出来るようになりました。

1番の節約になったのは、外食を減らした事だと思います。外食すると、家事が無くなり自分も楽という点で、毎週していましたが、今は月に1回ほどになりました。また、安い時にジュースなどの飲み物を、まとめて買って節約しています。以前は外出すると、すぐにコンビニに寄ってしまっていました。

ちょっとした、おにぎりを自分で作ったら、もっと節約になるかもしれませんが、この位ゆるいと、ストレスになりませんし、子供達も自分の好きなものを選んで楽しそうです。色んな事も、だんだん慣れると当たり前になってきます。ささいな節約も慣れたら、またそれ以上の節約をする事で、ストレスを感じる事なく貯蓄できるようになりました。

ゲーム感覚で節約

我が家には、変わった節約術があります。それはガソリンの節約です。我が家の車はハイブリッドカーです。目新しい車ということで買ったわけではなく、当然ガソリン代の節約のためです。

そのハイブリッドカーには、燃費が分かるメーターがあります。上手に運転すれば燃費が上がり、下手だと燃費が下がってしまうというものです。我が家は、これを利用してガソリン代を節約しています。その前に使った人が出した燃費よりも、低く運転してやろうとするのです。

誰が始めたのかは分かりませんが、知らぬ間に広がっていました。誰もそのことを言ったりはしません。下げようと競争するのが、暗黙の了解になっているのです。こうした努力のおかげで、ガソリンスタンドに行く機会が前の車の時よりも、ぐっと減りました

今のところ、私が叩き出した燃費がトップだと思います。ただ、誰も自分の燃費を言いふらしたりしないので、本当にトップなのかは分かりません。もっと上を目指して、家族を悔しがらせてみたいです。

通販でまとめ買い

安い商品をまとめ買いすることで、出来る限りお金を使い過ぎないようにしています。通販というのは、かなり安い値段で販売されていることも多く、購入することで結構節約が出来ることも多いです。食品の場合は、賞味期限に気をつけて
購入することになりますが、それ以外のものに関しては、出来る限り沢山購入して、少しでも費用面での節約をしています。

近くの店で販売されている物を購入しても、それは相当高い金額になってしまうことが多いです。私の近くでは、どうしても高いものが多くなってしまうので、通販を利用した方が安いのです。そのため、沢山まとめ買いをしておくことで、少しでも利用する金額を減らすことにしています。

私は、買い物で節約を行っています。通販を有効に活用していくことによって、沢山の商品を安く購入することができます。まとめ買いをしておけば、余計なお金を利用することもありません。

塾に行かず教育費を節約

我が家はまず、教育費で節約しています。中学3年生と1年生の息子がいますが、このふたりを塾に通わせていません。習い事は5歳ころからのスイミングだけです。周囲の同級生の皆さんは、ほとんど全員塾に通っておられるようですが、夫も私も、学生時代一度も塾に通わずに進学していったので、特に必要だとは考えていないのです。学校の授業と家庭学習だけで十分だと思います。それでも、ふたりともまずまずの成績を収めています。

実際に、上の子は今年高校受験なのですが、地域で一番上のランクの高校へ行けるだろうと考えています。要は、勉強は本人のやる気次第のように思うのです。ふたりが高校生になっても、親はいまのところ塾へ通わせる気持ちはありません。子どもたちも行きたいとは言いません。家で勉強しているのが一番いいと言っています。

この地域の塾代は結構高いらしいので、我が家の場合は月数万、年間にすると30万以上の節約になっていると思います。もちろん教育費だけを節約するのではなく、私たち親もいろいろなところで切り詰めています。

気持ちよく過ごすための節約術

我が家の節約術は、ひとことで言うとムダを省くことです。夏や冬は光熱費がかさみがちになる季節なので、家族が別々の部屋で過ごすと電気代がかかります。テレビやパソコンなどの家電はリビングにひとつだけ置き、なるべくみんなリビングで過ごすようにしています

冬のお風呂は追い炊きのガス代節約の為、続けて入るようにしています。買い物も無駄なものを買わないように気をつけています。安いからという理由で買っても使わなかったり、すぐに痛んでしまったら意味がないので、必要なものを必要な時に、よく考えてから購入するようにしています。

食費は健康維持のために、あまり節約しないほうがいいのではないかと思っています。高価な食材は買いませんが、できるだけ旬の野菜や果物を選び、海草や魚、豆類を普段の食材として選んでいます。食生活が貧相になってしまうと、病気に対する抵抗力が落ちてしまい、病気にかかりやすくなるので、かえって医療費が増えると思うからです。

LED電球

電気代を節約したいのであれば、最も多く使う電球から変える事をおすすめします。一昔前までは白熱電球や蛍光灯が一般的でしたが、最近では消費電力の少ないエコなLED電球が一般的です。電灯の買換えを行なう方のほとんどが、LED電球に乗り換えています。

LED電球に変える事で、大幅な電気代の節約効果を期待する事が出来ます。LED電球に変えてから、年間で数千円以上の節約効果があったと喜ぶ方は多いです。メリットはこれだけでなく、LED電球は超寿命ですから、買換えの頻度も下がります。エアコンは1年中使うものではありませんが、部屋のあかりは1年中灯っています。

ですから毎日使うものから見直していく事で、電気代の節約へと繋がるのです。より効果的に電気代の節約を行ないたい場合は、毎日使うものだけでなく消費電力の高い家電の買換えや見直しが必要になります。

エアコンの使用が、家電の中で最も消費電力が高いと思われているのですが、意外な事にエアコン以上に消費電力が高いのは、テレビの使用です。電気代を節約したいのであれば、テレビのつけっぱなしに注意して、本当に見たい番組があるだけテレビを付けるようにすると、電気代の節約に繋がります。

2016/09/07